2015年12月末:四半期日経平均株価と日本国債先物のパフォーマンス

   

2015年12月末四半期の日本株と日本債券のパフォーマンスです。日経平均株価と日本国債先物について記録しておきたいと思います。

日本債券のパフォーマンスに関してはNOMURAーBPIをベンチマークに採用している投資信託が多いですが、チャートが入手できないので、日本国債先物で代用します。

日経平均株価

9月末17388.15から12月末19033.71と9.5%上昇しています。上昇した要因としては、8月9月の中国への景気後退懸念より国際的に株式が売られた反動によるものと考えられますが、戻りは外国株より堅調です。要因は、8月9月の下落幅が大きかったことと、安定して為替が円安水準をキープしていたことがあげられると思います。

日経平均株価1年チャート

201512nk

Bloombergより

日本国債先物

9月末148.16から12月末149.05と0.6%上昇し堅調に推移しています。日経平均株価とともに日銀の緩和政策が効いていることがわかります。

日本国債先物チャート

201512JGB

Investing.comより

まとめ

日本株式の四半期パフォーマンスはリバウンド中心でしたが、堅調でした。また国内債券も日銀の量的緩和策の継続から堅調をキープしています。今後の見通しは、円高懸念はありますが好調な米国株式の影響で緩やかな上昇を続けると考えています。日本債券については強気で、この上昇トレンドが続くと考えています。詳しくは、2015年12月末相場見通し:株式ニュートラル国内債券オーバーウェイトを参照下さい。

 - マーケット